あなただけの湯島聖堂のお札をロケットに載せて宇宙空間へ!地球に帰還でプレゼント!

yushima-rocket
「スペースカフェ☆お茶の水」×「湯島聖堂」特別企画!
宇宙に浮かんだ湯島聖堂のお札をお届けします!

2013年11月に活動を開始した「スペースカフェ☆お茶の水」は地域連携活動として、史跡 湯島聖堂を管理している公益財団法人 斯文会と協力し、希望者のお名前と祈願を記載した湯島聖堂のお札を、国際宇宙ステーションに届けることに致しました。このお札は、1か月ほど国際宇宙ステーションに保管されたのち、地球に戻ります。さらに、この宇宙に浮かんだ自分だけのお札を希望者の皆さんにお返しします。

近代教育発祥の地である湯島聖堂発行、宇宙に浮かぶ落ちないお札に、ぜひ一生に一度の願いを込めてみませんか。

スペースカフェ☆お茶の水とは?

お茶の水エリアで隔月で開催(予定)するサイエンスカフェ&星空観望会を「スペースカフェ☆お茶の水」と名付けました。お茶の水を宇宙開発・科学の情報発信拠点にしたい。そんな思いからはじまった地域連携活動です。

お茶の水を宇宙開発・科学の情報発信拠点に!

古くからの建造物や名所も多く歴史的な魅力を持つお茶の水。文京区湯島から千代田区神田にいたる千代田区神田駿河台を中心とした一帯には、多くの大学や専門学校、予備校が集る日本国内最大の学生街があり、神田明神、湯島聖堂、ニコライ堂等を始めとする宗教施設、国内最大の書街・楽器店街・スポーツ店街、老舗名店街など名所を多く抱え、広範な文化ゾーンを形成しています。
この地に、2011年8月に日本宇宙フォーラム(JSF)が移転。さらには、2013年4月に宇宙航空研究開発機構(JAXA)が東京事務所を構え たことをきっかけに、知的好奇心にあふれる街の特性を活かして、宇宙の研究開発の情報発信拠点としての新たな役割を果たしたいと考えています。
さらに、宇宙の研究開発の情報発信を足掛かりに、科学全般の情報発信へとつなげていきます。
公式サイトより

スペースカフェ☆お茶の水

打ち上げ概要

■打ち上げ予定日

2014年12月1日

■使用ロケット

Space X – Falcon 9

■保管場所

国際宇宙ステーション

■帰還予定日

2015年1月8日
※地球に戻ったお札がお手元に届くのは2月以降になります。

■お申し込み方法

8月17日(日)、三省堂書店神保町本店で開催する「子ども宇宙教室」の会場でお申し込みください。

イベント:「子ども宇宙教室」 
受付日時:8月17日 10:30~18:30
場  所:三省堂書店神保町本店
費  用:今回は、(一財)日本宇宙フォーラムが保有している打ち上げの余剰スペースを用いた特別企画のため、郵送費等以外の料金は必要ありません。
【イベント詳細はこちら】http://sukima-univ.com/spacecafe5

■お問い合せ

スペースカフェ事務局
(一財)日本宇宙フォーラム 宇宙利用事業部 担当:京田 / 高木
【E-mail】contact@scafe-ocha.jp 【TEL】03-6206-4903

主催:スペースカフェ☆お茶の水 実行委員会、公益財団法人 斯文会
協力:(一財)日本宇宙フォーラム、(株)ラグランジェ

【スペースカフェ☆お茶の水 公式サイト】http://www.scafe-ocha.jp/