第3回スペースカフェ☆お茶の水 『Let’s ! 火星探検たい』 いよいよ募集開始!

sc3-top

お茶の水オープンクラスデイ 宇宙クラス 第3回 スペースカフェ☆お茶の水『Let’s ! 火星探検たい』

都市のスキマを楽しく、新しく、やさしく埋めていく、お茶の水スキマ大学。
大学や専門学校が集積する東京お茶の水。お茶の水スキマ大学が展開する、周辺学校や企業の「授業プログラム」を都市のスキマに開放し「誰もが学べる場」を”マチナカ”に有機的に生みだしていく、新たなスキマ活用プロジェクト「お茶の水オープンクラスデイ」「宇宙クラス」を開設しています。

お茶の水に立地する日本を代表する宇宙産業「JAXA」 関連機関「日本宇宙フォーラム」と、スキマを豊かにする「お茶の水スキマ大学」のスペシャルコラボレーションが実現。公共空間、お店、道路に屋上など、東京大都心の”マチナカ”に、誰もが気軽に宇宙を体感することができる定期イベント「スペースカフェ☆お茶の水」を開催します。

スペースカフェ☆お茶の水とは?

お茶の水エリアで隔月で開催(予定)するサイエンスカフェ&星空観望会を「スペースカフェ☆お茶の水」と名付けました。お茶の水を宇宙開発・科学の情報発信拠点にしたい。そんな思いからはじまった地域連携活動です。

お茶の水を宇宙開発・科学の情報発信拠点に!

古くからの建造物や名所も多く歴史的な魅力を持つお茶の水。文京区湯島から千代田区神田にいたる千代田区神田駿河台を中心とした一帯には、多くの大学や専門学校、予備校が集る日本国内最大の学生街があり、神田明神、湯島聖堂、ニコライ堂等を始めとする宗教施設、国内最大の書街・楽器店街・スポーツ店街、老舗名店街など名所を多く抱え、広範な文化ゾーンを形成しています。
この地に、2011年8月に日本宇宙フォーラム(JSF)が移転。さらには、2013年4月に宇宙航空研究開発機構(JAXA)が東京事務所を構え たことをきっかけに、知的好奇心にあふれる街の特性を活かして、宇宙の研究開発の情報発信拠点としての新たな役割を果たしたいと考えています。
さらに、宇宙の研究開発の情報発信を足掛かりに、科学全般の情報発信へとつなげていきます。
公式サイトより

スペースカフェ☆お茶の水

「第3回 スペースカフェお茶の水」のテーマは「火星移住」

第3回スペースカフェ☆お茶の水では、火星に住むことを想定し、「どんなふうに火星に住んでみたい?どんな活動をしてみたい?」、「そのために知っておくべきことは?」、それらに基づく「火星での暮らし」を科学的に考えます。
モデレーターの佐藤氏の進行のもと、火星での暮らしについてグループごとに考えて頂きます。必要な知識は専門家が提供するので、どなたでも楽しくご参加頂けます。
ディスカッションが大好きな人、未知の世界に興味がある人の参加をお待ちしております。

第3回『Let’s ! 火星探検たい 』
■日 時

2014年4月18日(金)19:00~21:00(開場18:45頃を予定)

■場 所

一般財団法人 日本宇宙フォーラム 千代田区神田駿河台3-2-1 新御茶ノ水アーバントリニティビル2F
アクセスマップ

■プログラム

※場合により変更もございます。ご了承ください。

18:45 開場
19:00~
21:00
スペースカフェ Let’s! 火星探検たい

【モデレーター】
佐藤毅彦(宇宙航空研究開発機構)

【ゲスト】
宮本英昭(東京大学総合研究博物館)

21:15~
22:00
星空観望会
※雨天の場合、中止となる場合があります
■参加費

1,000円(アルコールまたはソフトドリンク1缶を含みます。)

■お申し込み方法

募集人数 36名 ※応募者が多い場合は、抽選とさせて頂きます。

下記ウェブサイトより、お申し込みください。
【申込みフォーム】https://www.science-event.jp/event/scafeocha/

■お問い合せ

スペースカフェ事務局
(一財)日本宇宙フォーラム 広報・調査事業部 担当:京田 / 高木
【E-mail】contact@scafe-ocha.jp 【TEL】03-6206-4902

主催:スペースカフェ☆お茶の水 実行委員会
共催:お茶の水茗溪通り会お茶の水スキマ大学日本宇宙フォーラム
協賛:株式会社ビクセン

【スペースカフェ☆お茶の水 公式サイト】http://www.scafe-ocha.jp/
【宇宙航空研究開発機構(JAXA) HP】http://www.jaxa.jp/
【日本宇宙フォーラム HP】http://www.jsforum.or.jp/