「公共空間を楽しむ方法とは?」第2回「Think Your Own Picnic」


スキマ大学プレ講座

お茶の水スキマ大学プレ講座 公共空間学連続講座
「公共空間を楽しむ方法とは?」 第2回「Think Your Own Picnic」

今、公共空間には新しい潮流が生まれつつあります。これまでの量的に必要とされた都市の空地は、充分な量に達し、
成熟社会を迎えるにあたり、都市で生活する人々は多様な価値観を有し、人々は公共空間の質を求め、楽しく憩える公共空間には自然と人が集まり生活しています。
学生街である「お茶の水」には、再開発ビルが建つことで、より一層の会社員などの多様な人々で溢れ、さらに公共空間を創出します。
そのような中で、学生街らしい公共空間とはどんなものなのか?又は普段からもっと公共空間を楽しむにはどうしたらいいのか?共に学びながら考えてみましょう!

第2回講座「Think Your Own Picnic」

講 師:太田浩史(東京大学生産技術研究所講師/東京ピクニッククラブ共同主宰)
日 時:2013年3月14日(木)19:00~21:00(開場:)
会 場:お茶の水ビルディング5F 日本出版販売株式会社・会議室
(東京都千代田区神田駿河台4丁目3番地)
参加費:無料(申込不要)

太田浩史

東京大学生産技術研究所講師/東京ピクニッククラブ共同主宰

【略歴】

建築家。東京大学生産技術研究所講師。
1968年東京都生まれ。
1991年東京大学工学部建築学科卒業。
1993年同大学大学院工学系研究科建築学専攻修士課程修了。
1993-1998年より東京大学生産技術研究所助手・キャンパス計画室助手兼任。
2000年デザイン・ヌーブ設立。
2003年-2008年 東京大学国際都市再生研究センター特任研究員。
2009年より東京大学生産技術研究所講師。
東京ピクニッククラブを2002年より共同主宰。「ピクノポリス・ニューカッスルゲーツヘッド」「ピクノポリス・横浜」「ピクノポリス・ロンドン」など、世界各地でピクニックイベントを開催する。作品に 「DUET」「AGCスタジオ」「熊本アートポリス白川のトイレ」「PopulouSCAPE(映像作品)」など。編集企画・執筆に『SD199905 挑発するマテリアリティ』(鹿島出版会)、『10+1 #31 コンパクトシティ・スタディ』(INAX出版)、『世界のSSD100��都市持続再生のツボ』(彰国社)など。

【東京ピクニッククラブHP】http://www.picnicclub.org/